> カテゴリ
全体
催眠鎮静剤
抗てんかん剤
解熱鎮痛剤
鎮痛剤
鎮暈剤
抗精神病薬
精神神経用剤
抗うつ剤
抗パーキンソン剤
骨格筋弛緩剤
自律神経用剤
鎮痙剤
眼科用剤
耳鼻科用剤
抗ヒスタミン剤
抗リウマチ剤
抗アレルギー剤
強心剤
不整脈用剤
利尿剤
血圧降下剤
低血圧治療剤
冠血管拡張剤
高脂血症用剤
脳循環代謝改善剤
気管支喘息治療剤
鎮咳・去痰剤
嗽そう剤
トローチ剤
口内塗布剤
消化性潰瘍用剤
健胃消化剤
下剤
整腸剤
止瀉剤
その他消化管用剤
膵臓疾患用剤
胆嚢疾患用剤
肝臓疾患用剤
副腎皮質ホルモン剤
ホルモン剤
産婦人科用剤
泌尿器科用剤
肛門用剤
外皮用剤
ビタミン剤
骨粗鬆症治療剤
無機質製剤
その他の循環器用剤
蛋白アミノ酸製剤
止血剤
抗血栓薬
慢性腎不全用剤
習慣性中毒用剤
痛風治療剤
消炎酵素剤
糖尿病用剤
抗生物質
サルファ剤
その他の科学療法剤
抗結核剤
抗真菌剤
抗原虫剤
抗ウイルス剤
抗エイズ剤
駆虫剤
生活質改善剤
漢方製剤
抗癌剤
結核薬
経腸栄養剤
その他
免責事項
未分類
> お気に入りブログ
> クレメジンの問題
( ① )の慢性腎不全と診断された保存療法期の患者を対象とすること。
本剤適用の前には血清クレアチニンの上昇により( ① )の慢性腎不全であることを確認した上で適用を考慮すること。
透析導入時の遅延に関しては、本剤適用の血清クレアチニン(S-Cr)の上昇の割合が( ② )以上(1ヶ月当りの1/S-Crの変化が0.01dL/mg以上)であることを確認した上で、本剤の適用を考慮すること。

本剤服用中においては、血清クレアチニン及び尿毒症症状の変化等の経過を適宜観察し投与開始( ③ )ヶ月を目標に投与継続の適否を検討する。改善が見られない場合には、中止または他の療法を考慮する等の適切な処置を行うこと。
上記の①~③には何が入る?

他剤を併用する場合、本剤は吸着剤であることを考慮し、本剤との同時服用は避けること。
上記は正しい・正しくない?



答え
①進行性
②中等度
③6
正しい
[PR]
by kangaete | 2007-03-10 16:14 | 慢性腎不全用剤

薬の豆知識 薬剤師向け
by kangaete
> 記事ランキング


相互リンク
薬局ニュース
睡眠薬
アロマのある生活
薬剤師情報
薬剤師お役立ちリンク
サークル活動
薬剤師求人2
薬剤師求人3
薬剤師求人4
薬剤師求人5
すが耳鼻咽喉科
うらた整形外科クリニック
星の原クリニック
たつやまファミリークリニック
ごうや薬局の1日
健康になるためには
体に必要なビタミン、ミネラルについて
薬についての注意点!
福岡クリニック医院開業不動産物件情報
福岡市南区、調剤薬局、薬剤師求人募集情報
元気に相互リンク
福岡県筑紫野市二日市 薬剤師求人情報
便秘治療
薬剤師/求人/福岡/野間薬局 土井店
福岡市南区薬剤師会
調剤薬局 薬剤師求人 募集情報-宮崎-
薬剤師独立支援制度 福岡
福岡の薬局 薬剤師 転職・就職・募集情報
血管年齢測定
野間薬局仲原店